ごあいさつ

   現在、多くの中国人留学生が、人生の新しいページをめくるために日本の一流大学や大学院に入学しています。
その際、中国と日本の基礎教育は一定の共通点があるものの、日本への進学を目指す高校生や大学生はさまざまな困難に出会います。

   来日したばかりの慣れない環境の中で、日本語力と知識を蓄えなければなりません。通常、まず学生は日本語学校に通いますが、それだけでは日本留学試験や大学別の入試の対策としては不十分です。

   日本での進学を目指す学生には、受験のノウハウを丁寧に教える場所が必要となります。それこそが名校志向塾なのです。

   わたくしたちの事業は進学指導であるため、より多くの生徒に希望する学校へ満足する形で進学してもらえることが目標の一つです。しかし、それだけにはとどまらず、もっと大きな視野の目標を抱えながら事業を発展させています。

   近年日中の経済交流はますます活発なものとなっていますが、それに伴い率先して日中間の架け橋となって交渉・取引できる人材が求められています。

   名校志向塾で学んでいる生徒たちを、グローバル化する国際社会で実力を存分に発揮し活躍できる存在に育て上げることが、わたくしたちの使命であると考えています。